【全国対応】近くの接骨院・鍼灸院を探すなら整骨院サーチ > お役立ち情報・コラム > 首こりで困ったら!その原因と即効性のあるストレッチ術

首こりで困ったら!その原因と即効性のあるストレッチ術

この記事は約 3 分で読めます
[掲載日]2023/05/25 65 -
整骨院サーチ|お役立ち情報イメージ

首こりの背後にある科学 – それは何が引き金となるのか?

首こりがなぜ起こるのか、その背後には科学的な理由があります。体を動かすために必要な筋肉が、何らかの理由で緊張したままになることが、首こりの主な引き金です。人間の体は、長時間同じ姿勢を保つことや、ストレスなどによって筋肉が固まることがあります。そして、この状態が続くと首こりが起こるのです。

首こりの主な原因 – あなたが知らないかもしれない事実

首こりの原因はいくつかありますが、一番よくあるのが長時間のデスクワークです。パソコンに向かって一日中座っていると、首や肩の筋肉が固まってしまうことがあります。その他にも、寝姿勢やストレス、運動不足なども首こりの原因となります。首こりは日常生活のささいなことが積み重なって起こるものなのです。

首こりと生活習慣 – 知らない間にあなたは自分自身を傷つけている?

首こりは生活習慣と深く関わっています。毎日の行動が少しずつ首こりを悪化させているかもしれません。例えば、スマホを見るときに下を向いてしまう、長時間同じ姿勢でいる、重いバッグを片方の肩にかける、などです。これらは知らないうちに首こりを引き起こす行動です。

即効性のあるストレッチ術 – 実践編

自宅で簡単に行える首こり解消のためのストレッチをいくつかご紹介します。

首を左右に動かすストレッチ

まずは、座ったままで行える簡単なストレッチから始めましょう。背筋を伸ばした状態で、ゆっくりと首を左に倒し、右耳が右肩に近づくようにします。このとき、首の筋肉に伸びを感じましょう。5秒ほどキープした後、元の位置に戻します。同様に右にも首を倒し、左耳が左肩に近づくようにします。無理に自分で近づけようとせず、頭の重さのみでゆっくりと倒していってください。

首を前後に動かすストレッチ

次に、首を前後に動かすストレッチを行います。まず、ゆっくりと顔を下に向け、あごが胸に触れるくらいまで動かします。そして、ゆっくりと顔を上に向け、天井を見上げるようにします。これらの動きを数回繰り返します。

肩を動かすストレッチ

肩も首こりと深く関わっていますので、肩周りの筋肉をほぐすストレッチも効果的です。肩をゆっくりと上げて、耳に近づけるようにします。5秒キープした後、ゆっくりと肩を下げます。これを数回繰り返します。

首の回転ストレッチ

最後に、首をゆっくりと円を描くように回転させるストレッチを行います。まずは顔を下に向け、その後ゆっくりと首を右に回転させ、順に顔を上、左、下に向けていきます。これを数回繰り返し、反対側も同様に行います。

首こりを予防するための日々の生活のコツ

首こりを予防するためには、日々の生活習慣を見直すことが大切です。まずは、長時間同じ姿勢でいることを避け、定期的に体を動かすことが大切です。また、寝姿勢も重要で、高すぎる枕や硬すぎるベッドは首こりの原因になります。適度な運動を取り入れ、ストレスをうまく発散させることも大切なのです。

首こり解消!これからどう改善すればいい?

首こりがひどいときは、まずは医師の診断を受けることをおすすめします。次に、上記で紹介したストレッチ術を試し、日々の生活習慣を見直すことです。また、マッサージを受ける、温湿布を使うなど、自分に合った方法で首こりを和らげることも大切です。

実践者の声 – 首こりストレッチの効果

この記事で紹介したストレッチ術を実践した方々からは、首こりが和らいだという声が多数寄せられています。ストレッチを行うことで、首や肩の筋肉がほぐれ、首こりが解消されたとのことです。ただし、ストレッチはあくまで予防や一時的な対策なので、首こりが続く場合は医療機関を受診することをおすすめします。

PAGE TOP