【全国対応】近くの接骨院・鍼灸院を探すなら整骨院サーチ > お役立ち情報・コラム > 整骨院で保険適用される治療とは?

整骨院で保険適用される治療とは?

この記事は約 3 分で読めます
[掲載日]2024/05/10 13 -
整骨院で保険適用される治療とは?

整骨院で保険が適用される理由

整骨院とは?

整骨院は、けがや痛みを治すための施設です。専門の柔道整復師が施術を行います。彼らは、骨や筋肉、関節の治療に詳しい専門家です。

なぜ保険が使えるのか?

整骨院での治療は、骨折や捻挫などのけがの治療が中心です。けがの治療は、医療保険が適用されるからです。これにより、多くの人が適切な治療を受けやすくなります。

保険適用の目的

保険適用の目的は、治療費の負担を軽くすることです。けがをしたとき、治療費が高くて治療を受けられない人を減らすことが目的です。保険が適用されることで、誰でも必要な治療を受けやすくなります。

保険適用される主な治療内容

骨折・脱臼の治療

整骨院では、骨折や脱臼の治療も保険が使えます。骨折や脱臼は、骨が折れたり、関節が外れたりすることです。たとえば、スポーツ中の事故や転倒で起こります。治療には、固定や矯正が必要です。

捻挫・打撲の治療

捻挫や打撲の治療も、保険が適用されます。捻挫は、関節が無理に動いて痛むことです。打撲は、物にぶつかってできる傷のことです。たとえば、運動中に足首をひねった場合は、整骨院で適切な治療を受けられます。

筋肉・関節の痛みの治療

筋肉や関節の痛みも保険適用です。筋肉痛は、過度な運動や不適切な姿勢で起こります。関節痛は、関節が痛むことです。たとえば、長時間のデスクワークで肩が凝ってしまった場合、整骨院でマッサージやストレッチなどの処置で痛みを和らげます。

保険適用の条件と手続き方法

保険適用の条件

整骨院で保険が使える条件はいくつかあります。まず、けがの原因が明確であることが必要です。たとえば、スポーツ中の事故や日常生活での転倒です。また、治療が必要なけがや痛みであることも条件です。さらに、医師の診断書があると安心です。

手続きに必要な書類と流れ

保険を使うためには、いくつかの書類が必要です。まず、健康保険証を持参してください。次に、医師の診断書や紹介状があるとスムーズです。整骨院で受付に書類を提出することで、手続きができます。手続きが分からない場合は、受付のスタッフさんに確認してみましょう。

保険適用外の治療とは?

保険が適用されないケース

整骨院で保険が使えない治療もあります。たとえば、美容やリラクゼーション目的の施術です。肩こりや疲労回復だけを目的とした治療も保険外です。また、慢性的な腰痛などの症状も保険が適用されないことが多いです。保険適用の範囲を確認することが大切です。

自費治療の内容と費用

保険が使えない治療は、自費で受けることになります。たとえば、整体やマッサージ、特殊なリハビリなどが対象です。これらはリラクゼーションや症状の軽減に効果的です。費用は治療内容や施術時間によって異なります。たとえば、30分のマッサージで3000円程度で行える院もあります。整骨院ごとに料金が異なるので、事前に確認しましょう。

まとめ

整骨院で保険が適用される治療について説明しました。保険が使えるのは、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの治療です。保険を使うには、医師の診断書や健康保険証が必要です。保険が使えない治療には、美容やリラクゼーション目的の施術があります。自費治療は整体やマッサージなどで、料金は施術内容で異なります。保険適用と自費治療の違いを理解し、適切な治療を選びましょう。

PAGE TOP