【全国対応】近くの接骨院・鍼灸院を探すなら整骨院サーチ > お役立ち情報・コラム > 整骨院で嫌われる!? 患者のNG行動リスト

整骨院で嫌われる!? 患者のNG行動リスト

この記事は約 2 分で読めます
[掲載日]2023/03/26 108 -
整骨院サーチ|お役立ち情報イメージ

はじめに:整骨院でのマナーを理解しよう

整骨院での治療は、身体の不調を改善するために大切な時間です。しかし、意外と知られていない患者のマナーも重要です。ここでは、整骨院で嫌われる患者のNG行動を紹介していきます。

NG行動1:アポイントメントの無断キャンセル・遅刻

予約のキャンセルや遅刻は、整骨院のスケジュールに大きな影響を与えます。無断でキャンセルや遅刻を繰り返すと、施術者の信頼を失いかねません。個人的な都合でキャンセルや遅刻が発生するにしても、その事実が確定した段階で、すみやかに電話をしてお断りするマナーが患者側にも必要です。

NG行動2:治療中の携帯電話の使用

治療中に携帯電話を使用するのはマナー違反です。施術者の集中を妨げるだけでなく、他の患者にも迷惑をかけることがあります。治療時間は携帯電話を切って、静かに過ごしましょう。特に他のお客様もいるので、施術を受ける際には最低でもマナーモードにはしておく必要があります。

NG行動3:施術者への無礼な態度や言動

整骨院のスタッフは、患者の体調改善をサポートするプロフェッショナルです。無礼な態度や言動は、彼らのやる気を削ぎ、治療の質にも影響を与えかねません。礼儀正しく接することが大切です。

NG行動4:治療に対する不満を周囲に吹聴

治療に対する不満は、適切な方法で伝えるべきです。周囲に不満を吹聴することは、整骨院の評判を下げるだけでなく、施術者との信頼関係も損なわれます。可能ならば、直接施術者に話すことが望ましいです。

ただし、2度と行かないほどの不満が生じた場合は、ネガティブな意見を口コミするのは仕方ないことです。なるべく事実ベースで何が不満だったのかを口コミに書くようにしましょう。

NG行動5:衛生面での無配慮な行動

整骨院は清潔さが求められる場所です。治療前後の手洗いや、汗をかいた後のシャワーなど、基本的な衛生面での配慮は大切です。他の患者や施術者に迷惑をかけないよう、常に清潔に心がけましょう。

プラスアルファ:整骨院で好かれる患者になるためのアドバイス

嫌われる行動を避けるだけでなく、積極的に好かれる態度も大切です。笑顔で挨拶をする、感謝の気持ちを伝える、予約や来院の時間を守るなど、小さなことから始めてみましょう。

まとめ:整骨院でのマナーを守り、快適な治療を受けよう

整骨院でのマナーを守ることは、自分だけでなく周囲の人にも良い影響を与えます。嫌われる患者にならないために、ここで紹介した嫌われるNG行動を避け、好かれる患者になる努力をしましょう。そうすることで、お互いに治療に対して前向きな姿勢が生まれ、より快適な治療が受けられます。

PAGE TOP